赤ちゃんを出産した事をきっかけにウォーターサーバーを導入:体験談

あかちゃんの為にウォーターサーバーを導入した方の体験談をご紹介

ウォーターサーバーで育児ストレス軽減

私はかれこれ3年近くウォーターサーバーを使い続けています。きっかけは赤ちゃんのミルクを作る時間を短縮したかったからという理由でした。二人目の子供を出産すると同時に、上の子の赤ちゃん返りが始まり、二人の子供の世話に頭を抱える日々でした。

ウォーターサーバーのお水で赤ちゃんのミルクが作れる

そんなある日テレビのCMで赤ちゃんのミルクが作れるという宣伝文句を見たのをきっかけに利用を決めたのです。実際使ってみると、とても便利で驚きました。

赤ちゃんのミルクは熱いお湯で溶かした後、人肌に冷ます必要があるのですが、その冷ます時間がとても大変なのです。冷水に付けておくとなかなか冷めないし、赤ちゃん用のペットボトル飲料水を購入すると保存ができないので半分以上が無駄になります。しかしこれなら熱いお湯と新鮮な水がいつでも出てくるので、ミルクを作るのに一分もかかりません。これによって育児の時短ができ、育児ストレスも軽減されました。

育児ストレスも軽減

でもすごいのはそれだけではありません。いつでもお湯が出るので、子供たちが昼寝したほんの数分の間でも、リラックスできるティータイムが手に入ったのです。

ポットでお湯を沸かすと、ぼこぼこと音がしたり水の音がしたりで、子供が目を覚ましてしまいます。しかし、ウォーターサーバーは一日中騒音なしで、お湯が出てくるので、気兼ねなく紅茶やコーヒーを淹れることができました。母親にとってこの数分のリラックスタイムはかけがえのない物です。

ウォーターサーバーを使うことで子育ての辛さを軽減でき、ストレスのない毎日を送ることができました。

赤ちゃんの為に購入

赤ちゃんを出産したことをきっかけに、我が家もウォーターサーバーを導入しました。購入をするまでは本当に必要かどうか色々と考えましたが、結果購入をして良かったと思っています。

赤ちゃんの健康のために

今までは、浄水器を使用しており、そのまま飲み水として飲むこともありましたし、お茶や紅茶などを飲む時には浄水器のお水を沸かして入れていました。

しかし赤ちゃんの口にするものは、もっと清潔なものの方が良いと話を聞いて考えたのです。日本のお水もありますし海外のお水もありますが、どちらも浄水器のお水よりも清潔なので安心が出来ます。赤ちゃんにおいしいお水を飲ませるのも良いと思いました。そしてお湯を沸かす手間も省けるもメリットです。

温水冷水機能でミルクも手軽に作れる

ほとんど母乳を飲ませていますが、時々ミルクを飲ませることがあります。その際には人肌と同じぐらいに温めたものを飲ませる必要があるのですが、お湯とお水とそれぞれサーバーから出るので助かっています。

お湯だけではいけませんし、お水だけでもいけません。しかしそれぞれ出るので、両方を混ぜて作ることが出来ます。半分ずつぐらい入れれば大体人肌ぐらいになるので簡単です。私だけではなくて主人も作れるので、手が離せない時にはお願いをしています。

またずっと赤ちゃんが泣いている状況で焦ってミルクを作るのは大変です。焦ることで火傷をしてしまうこともありましたので、ウォーターサーバーを導入してゆっくりと作ることが出来るようになりました。こちらのストレスも軽減されるので助かっています。