オフィスでウォーターサーバーを導入:体験談

オフィスでウォーターサーバーを導入した方の体験談をご紹介

流行に乗って良かった

企業だけではなく、今では一般家庭にもウォーターサーバーが設置されるようになってきています。それなのに、私の勤めている会社では導入していませんでした。

さすがに時代遅れという感じがしたので、社員が社長に直訴して、導入を検討してもらうことになったのです。流行に乗るということだけが、もちろん、目的というわけではありません。他社を訪問した時や設置しているお宅へ伺った時など、やはり、あるととても便利なものだということを知っていたからです。

ランチ時に便利

特に、うちの会社には女性社員が多く、事務職の人ばかりです。お昼休みには女子社員一同、給湯室に集まって手作りのお弁当を食べたり、コンビニなどで買って来た昼食を食べたりしています。このような時に、ウォーターサーバーが給湯室にあると、とても便利だと思ったのです。このような理由から導入を決めることになったのですが、実際に導入してみて、やはり正解だったと思えました。

まず、お湯をわざわざ沸かすという手間が省けます。カップラーメンづくりも今までより断然、早くなりました。

来客時にも重宝

来客がある度、その都度、お湯を沸かして飲み物を用意する手間がなくなり、コーヒーやお茶を淹れて出す時間も短縮できるようになりました。お待たせする事なく対応できますし、電気代を節約する事が可能になりました。

男性社員にも好評

そして、女性社員だけではなく、外回りの男性社員も帰社して利用できるので、男性社員からも好評です。夏場はウォーターサーバーの冷たい水で生き返ったという男性社員が多くなりました。暑い夏の日なら、コップ1杯の水が熱中症を防いでくれるかもしれません。

このように、企業には欠かせないものだと思います。ある意味、流行に乗って良かったのかもしれません。

会社にもあると便利

職場で人気があるのが、ウォーターサーバーです。カルキや錆などを気にする事無く安全な飲み水が確保出来て、毎日美味しいお水が飲めるのがみんなが気に入っている理由になります。

お昼の時間には、カップラーメンを手に行列が出来ていますし、お茶の時間にはインスタントのコーヒーや紅茶を片手に、行列が出来ます。もちろん喉が渇いた時にも、コーヒーやドリンクなどを自販機で購入してくるよりも、ウォーターサーバーのお水を飲む人や、お水でコーヒーなどを作って飲む社員が増えているのです。

その為、美味しいお水だけでも満足出来る社員が増えていますし、インスタントの粉を購入するだけで良いので、経費の節約にもなります。社員の健康に気を使いたい場合や、経費の削減にはウォーターサーバーの導入が欠かせません。

ボトルの取替えは女子社員でも簡単

使い方も簡単に操作出来ますし、面倒な作業は一切いらないです。ボトルの取替えは女子社員でも楽に出来るタイプなので、ボトルの交換を嫌がる社員はいません。回収型なので使用後のボトルの保管は大変ですが、未使用のボトルも保管しているので置き場所にも困らないです。

故障しても安心・災害時も安心

メンテナンスも業者の人が来てくれますので安心ですし、壊れた時でも対応してくれます。一人用のサーバーを扱っている業者がある事を知り、家に導入した社員もいるほどです。また、災害時にも安心して飲み水を確保出来る事も、良いと思います。最初は、導入を反対していた社員も、揃って反対した事を今頃は反省している事でしょう。