ウォーターサーバーの1ヵ月の電気代と節電機能

ウォーターサーバーの電気代についての疑問に丁寧に回答します

月の電気代ってどのくらいかかるの?

ウォーターサーバーを設置すると、気になるのが月々の維持費。最近では電気料金も値上がりしていることですし、月どれくらいの電気代が必要になるのかを知っておくのは大切なポイントです。

ウォーターサーバーは電源がある場所であれば利用する事ができます。従来からのタイプであれば、大体1000円程度で利用する事ができます。これは電気ポットを1か月使用した時の電気代とほぼ同じです。省エネタイプであれば350円から500円程度で利用する事ができます。従って、実際に利用する時はそれほど電気代を気にすることなく利用できると言っても良いでしょう。

幸いそれぞれのメーカーでは、電気代が月々どれくらいかかるのかを公表しています。それぞれの電気代を比較すれば、どこが一番電気代がかからないかを見つけることはそれほど難しいことではありません。また、節電のためのエコモードを採用しているところもあるので、エコモードを利用した時の電気代も比較してみましょう。

実際の電気料金は?

電気で冷やしたり温めたりするとなると電気代がどの程度かかるのか気になりますね。ペットボトルであれば冷蔵庫に入れておくので電気代は変わらないと言う人もいるはずです。

しかし電気ポットを使ってお湯を沸かす時も電気が必要です。ウォーターサーバーの1か月の電気代は、大体電気ポットを利用した時と同じ1000円です。しかも今では省エネタイプも開発されていて、それを利用すれば月々の電気代は350円から500円程度にする事も可能です。

従来のものに比べて3分の1の料金で済む為、そこまで電気代を神経質に考えながら利用する必要もありません。そして水だけでなく、お湯などもすぐに出す事ができます。一定の温度で出てくる為、飲み物を作る時などにも楽にできます。

維持費は電気代だけでない

ウォーターサーバーを設置するために必要な維持費は、サーバーの電気代だけではありません。肝心の水の代金も比較してみましょう。

せっかく電気料金が安いタイプを選んだのに、お水の代金が高ければ意味がありません。電気代と水の代金を含めて比較をしたとしても、それだけでパーフェクトというわけではないので注意してください。

こまめに電源って切った方が良いの?

ウォーターサーバーは電気でお湯を沸かしたり冷水を作ったりする装置です。使用している間はずっと電気を必要とするので、こまめにコンセントを抜いた方が実は節電になるのではないかと思う人もいるでしょう。

しかしこれに関しては一概にそうとは言えません。電源を抜いてしまうとそこからお湯も冷水も常温に近づいて行ってしまいます。

再加熱・最冷却には案外電気が必要となってしまうので、コンセントは抜かずに使用しましょう。電気代が気になる時は省エネタイプを利用するのも一つの方法です。