ウォーターサーバーの失敗しない選び方

ウォーターサーバーの選び方のポイントについて丁寧に回答します

選び方のポイントとは

ウォーターサーバーを選ぶ基準は、水の味が好みで飲みやすいということも大切だとは思いますが、まず自分の生活に合った使いやすいサーバーを選ぶようにしましょう。

サーバーのタイプは床置き、卓上タイプの2種類あるので、自分の好きな方を選びましょう。また一人暮らしの人の場合はあまり水が必要ないという事も少なくありません。タンクの大きさ自体がとてもコンパクトになっている製品もあるので、自分の生活に合うタイプを選ぶことが上手に使う上でのポイントです。

ウォーターサーバーの下にボトルをセットすることができるタイプは、力のない女性や高齢者でも利用しやすくなります。そしてウォーターサーバーのデザインもおしゃれになってきていますので、お部屋の雰囲気にあったものをというように選択肢はたくさんあるので使いやすいものを選びましょう。

また、使い捨てタイプのボトルならば収納のスペースを節約することができるというメリットがあります。

月々のレンタル料に加えて、定期的に必要となるメンテナンスの種類や方法、料金がどのようになっているか、宅配水はどのように届けられるか等も注目しましょう。

さらに、利用を一時的に休止する場合の対応や、レンタルそのものを解約する場合の手順・費用についても、事前にチェックしておくことが大切です。

メーカーから選ぶ

ウォーターサーバーを設置することに決めたのであれば、メーカーを選びたいところでしょう。ただ、複数のメーカ―がありますので、各社の特色を掴むことも重要です。特に、ウォーターサーバーのデザインとタイプと機能性を考えて、サーバーの比較をすることも大切です。

しかし、複数の飲料メーカーがウォーターサーバーを取り扱っています。どこのメーカーのサーバーにすれば良いのか、正直迷ってしまいます。

どこのにすれば良いのかという迷いがあるのであれば、まずはどういった所で出しているのか、サーバーの種類やボトルの容量に注文単位に、支払方法や月額料金に送料といったものを比較して選ぶことをしてください。各社、販売している方法が多様ですので、その点も確認をする必要があります。

水の味・種類から選ぶ

ウォーターサーバーを実際に導入するとした時、長く飲み続ける物と考えると水の味で選ぶ事もおすすめです。

例えば、硬水と軟水であれば軟水の方が飲みやすくなっています。また産地によってもほんのりと感じる甘さとかが違うので、できれば飲み比べをしてからどこのメーカーにするか決めると良いでしょう。

デザインで選ぶ

ウォーターサーバーは業者によって様々なデザインのものが出回っています。最近では無機質なオフィス用タイプだけでなく、インテリアと馴染むようなサーバーがたくさんあります。置く場所の雰囲気に合うものを選びましょう。

ウォーターサーバーの形と大きさと置き場所によって、選ぶサーバーの形やデザインも変わります。狭いところに置くのであれば、コンパクトタイプに、テーブルにしか置けないのであれば卓上式、お店や部屋の雰囲気に合わせたいのであれば、デザイン性の高いものを選びましょう。

素敵な部屋の雰囲気にマッチしたサーバーを使うとより毎日が楽しくなることでしょう。あなたの一人暮らしに合ったウォーターサーバーを見つけてましょう。

ライフスタイルで選ぶ

ウォーターサーバーには様々なタイプがあり、設置サイズやボトルサイズ、ついている機能も異なります。その人やご家庭にとって使いやすく、安心できるウォーターサーバーを選びたいものです。

水の配送パターンもいくつかあり、利用者の家族構成やライフスタイルに合わせて選択できるようになりました。水の消費スピードが早い大家族の場合は、毎週何本配送ということもできますし、一人暮らしでそんなに早く消費できない場合は、ひと月に何本配送というパターンを選ぶ事も可能です。

他にも、定期購入のノルマがないものもありますから、自分の水の消費量と料金をよく見合わせて、自分のライフスタイルに合ったウォーターサーバーを利用するようにしましょう。

タイプ別に選ぶ

ウォーターサーバー自体も種類が増えています。それは床置き式や卓上式というだけでなく、カラーバリエーションも豊富で選ぶことができる業者も増えています。

また今まではボトルを上にセットするものが多くありましたが、最近はサーバーの下に設置することができるタイプもでてきています。下に設置するタイプを利用すれば、ボトルの重さで苦労していた女性や高齢者の方でも簡単に水をセットすることができます。。

サービスや特典から選ぶ

最近では、多くの業者がウォーターサーバーを提供しているので特典がかなり利用できるところもあります。サーバー自体の料金を取られるところはあっても、配送料や設置料金などは無料にて行ってくれる業者もあります。

商品券のプレゼントや水を割増にて提供してくれる業者もあるので、自分にとってどういう形で選べばよいのかを冷静に見極めることが必要です。