ウォーターサーバーにかかるコスト

ウォーターサーバーのコストについての疑問に丁寧に回答します

コストの種類と特徴

ウォーターサーバーは、様々な企業が取り扱いをしています。機器を無料で貸し出すところや、レンタル料のかかるところなど、コスト面でもそれぞれ特徴があります。気になる水についての注文も、定期購入が必要なところや、その都度、必要分を注文する方式のところがあります。

家庭用の場合、ご自分の使い方や家族の有無などから考えて、どの業者が自分に合っているかを考える必要があります。長く使いたいものですから、コストパフォーマンスを十分吟味して、導入を決めましょう。

中には、無料でお試し機器をレンタルしてくれる場合もあるので、実際に使ってみて判断するのも良いでしょう。サーバーのデザインや、サイズによって、部屋の印象が左右されることもあるので、出来れば一度実際に設置してみることをお勧めします。

初期費用とは

今、ウォーターサーバーを住まいの中に設置するご家庭が増えています。なんだか高価そうだし、家庭に置くには大きすぎるのでは?と不思議に思われるかもしれません。

しかし、様々な会社から多様なウォーターサーバーが発売され、なかには手軽な値段設定と家庭用の程よいサイズのもの出てきているのです。これまでご家庭で水道水を使う時には浄水器を取り付けていたものですが、数万円もする浄水器よりも安く設置できるケースもあるようです。

水は毎日飲むものだからこそ、美味しくて安全性の高いものを選んでおきたいところです。美味しい水を楽しむ方法としてはペットボトルの水を購入する、浄水器を設置するなどがあげられますが、最近はウォーターサーバーも人気です。

サーバーを導入すればいつでも好きなときに良く冷えた冷水、お茶やコーヒー作りにも便利な温水を楽しむことができます。

導入する前には初期費用についてもチェックしておきましょう。サーバーは購入ならその購入費用が必要ですが、レンタルなら初期費用はかなり抑えられます。

サーバー代金

ウォーターサーバーはほとんどがレンタルとなっていますが、使うサーバーの機能やメーカーにもよりますが、最近ではほとんどのメーカーでサーバー代がかからずに使うことが出来ます。

また、電気代も節電機能などにより月に500円もかからない程度で使用できるので、実質使う水の料金のみで使用できます。

宅配される水の料金

ウォーターサーバーで使用する水の単価は、1リットル100円程度となっています。サーバーレンタル、メンテナンス費用に関しては、無料のところが多いです。

電気代は1日あたり30円くらいなので、水の価格と比べると大した金額ではありません。水道水と比べると高上がりではありますが、栄養価、安全性を考慮すると、ある程度の値段になるのは仕方ありません。

水は毎日飲むものだからこそ、安全性の高いものを取り入れる必要があるでしょう。

電気代

ウォーターサーバーは温水を出すことが可能であり、消費電力が少ないのが特徴です。電気ポットを使うよりも電気代を抑えることが出来き、さらにガスを利用してお湯をわかすよりも、圧倒的な短時間でお湯がでるため、ガス代の節約も可能という大きな利点があります。

その他の費用

電気代とお水の代金以外にも、サーバーをレンタルするのならレンタル料、そしてサーバーのメンテナンスの費用もかかります。さらに、解約するときに解約金がかかるところもあります。

これらの費用を総合して比較してみて、ここが良いというところを選びましょう。もちろん、選ぶポイントは費用だけではありません。サービスやお水の品質も重要なチェックポイントです。まず、それを比較したうえで維持費を比較しましょう。