ウォーターサーバーの契約前に確認しておくこと

契約前に確認しておくべき事を説明します

契約前に確認しておくポイント

ウォーターサーバーは、契約すると、一定期間解約することはできないことを心がけておきましょう。そのためには、これから業者と契約しようとしている水が自分の好みかどうか、チェックしておきましょう。

業者によっては国内有数の銘柄を選ぶことが出来たり、契約する前にお試し期間があるところもあります。業者ごとに定められた料金スタイルがあります。

例えばボトル一本の価格が安いが毎月の購入が必要であったり、まとめて購入しなければならないけれど年間を通して換算すれば安いなどです。

ご自身が考える中でいくらになるか予め考えておきましょう。サーバーに利用するボトルは、12リットルが基本ですが、女性にとってはかなりの重さとなります。業者によっては10リットルや8リットルのボトルサイズもありますので、検討しておきましょう。

ウォーターサーバーを設置する大きな決めては、月額支払でしょう。各社、月額支払の金額も違いがあります。幾つか良いところをピックアップした後、支払う予算とで見合うかどうかを検討し、比較して選んでください。

また、サーバーに設置するボトルも、捨てるタイプと回収タイプがありますので、こちらも検討の視野に入れて考えましょう。

ウォーターサーバー導入後のコストパフォーマンスは?

コストパフォーマンスにおいても利点があります。まず、水道水のみの利用に比べると、費用は大きくかかってしまいます。ですが、浄水器の利用した場合と比べると、浄水器のカートリッジは高額なものが多いため、大きく差が開くことはないと言えます。

同様にペットボトルの水を購入するコストと比較しても、市場価格を見る限りでは大きな差はないでしょう。

リーズナブルな料金

レンタル料金やメンテナンス料は無料で、かかるのは水の料金と自宅の電気代だけというところも増えています。サーバーも節電タイプが増えてきていますし、電気代も意外とかかりません。

レンタル業者間の競争により、水の料金も安いところでは500mlあたり50円以下というところもありますし、ミネラルウォーターの種類も豊富です。これなら気軽に各社のウォーターサーバーを試し、自分の好みのものを探せるのではないでしょうか。