一人暮らしでも活躍するウォーターサーバー

一人暮らしに最適なウォーターサーバーについて説明します

一人暮らしでも使い勝手の良いウォーターサーバーの選び方

ファミリーを中心に普及が進んでいるウォーターサーバーですが、一人暮らしの方でも利用したいと思っている方もいらっしゃるでしょう。

スーパーやショッピングモールで時折見かけるサーバーの実演を見て、大きすぎる、高価なイメージ、一人暮らしの私にはちょっと手が出ない、なんて考えているかもしれません。

また、多くのサービスがファミリー用として提供されているため、一人暮らしでは利用できないのではないかと思われているかもしれません。しかし、種類は少ないものの、一人暮らし向けのサービスもあります。

サーバーは、想像以上にお得に便利に始めることが出来るのです。意外と水分は摂るものですから、仕事などであまり買い物にも行けない時でも困らないようにとペットボトルを押し入れに買いだめしている方が多いかと思います。そのような方には宅配水を家まで届けてくれるウォーターサーバーを選択するほうが便利かもしれません。

では、どのようなサービスを利用すればいいのでしょうか。

自分の状況を考える

サービスの選定を始める前に、自分の状況をチェックしてみましょう。毎日自分がどれほどの水を利用しているのか。または、どれほどの水を利用したいと考えているのか、そして部屋の中にサーバーを置くスペースがあるのかなど、チェックしておきたいポイントがいくつかあります。

また、家にいない時間が多いため、節電機能付きのタイプを選んだり、酸化しにくいボトルを採用している業者を選ぶのもおすすめです。

消費する量がポイント

一人暮らしの方がウォーターサーバーを選ぶポイントは、第一に自分が消費する分の水だけで利用できるかどうかです。最近では、一人暮らし向けに、コンパクトなボトルを提供しているところもあります。

当然のことですが、一人暮らしであれば水を消費する人数は一人です。ファミリー向けのサービスを利用すれば、水のボトルばかりが溜まってしまうという状況になりかねません。

一人暮らしの方は、利用する水の量も少なめになります。自炊もほとんどしないという場合には、毎日の飲み水として一人当たり1リットルから1.5リットル程度を用意しておけば問題ないでしょう。そのため、ひとりなら7リットルサイズのスリムタイプを、ディンクスなら12リットル程度のタイプを置いて、1週間あたり1本、料理をする場合は2本ほど頼めばOKです。

水が余ってしまった場合、自由に休止できるかどうかも大切なポイントです。また、消費量に関係することですが、小さめのボトルのほうが自分でセットしやすいというメリットがあります。女性の力でもラクにボトルがセットできないと、後で困ることになります。

デザインも重要

一人暮らしの場合、住居のスペースが狭いことも考えられます。ワンルームマンションなのに、ウォーターサーバーが場所を取ってしまうということは避けたいところです。

サイズはもちろん、デザインにもこだわって選びましょう。

コストを考える

コストパフォーマンスが良いことも重要です。どんなに美味しくて安全な水でも、経費が予想以上にかかってしまっては続けることはできません。せっかくウォーターサーバーを設置をするのですから長く続けたいと思いませんか。そのためには、事前によく検討をすることです。