水の種類と選び方

水の種類と特徴について丁寧に回答します

水の種類はどれが良いのでしょうか

ウォーターサーバー選びでは初期費用、サーバーのレンタル料金、サーバーのデザインの良さなども重視したいですが、大切なのはやはり水の質です。

業者により提供している水には違いがあります。天然のミネラルが豊富な天然水を提供している場合もあれば、ろ過水にミネラルを配合しているものもあります。

そして安全性も大切です。水質調査がしっかりされているか、工場の衛生管理、品質管理はしっかり行なわれているかも確かめておきましょう。

水の種類

ウォーターサーバーで利用できる水の種類は大きく3つに分けることができます。

まず一番わかりやすいのはアルプスや富士山などから湧き出ている天然水です。天然のミネラルも豊富で、口当たりなどその土地独特のものなどがあります。

次に水道水などをろ過したピュアウォーターです。これは高性能のフィルターを利用して水に含まれていた不純物を徹底的に取り除いた純水で、赤ちゃんやペットでも安心して飲ませることができます。

そしてこのピュアウォーターに人工的にミネラル分を含ませたミネラルウォーターです。成分的には天然水に似ているといっていいでしょう。

水の選び方

ウォーターサーバーで飲む事ができる水の種類は沢山あります。大きく分類すると、軟水と硬水に分ける事ができます。好きな方を飲んでみてはいかがでしょうか。

またメーカーによって水の産地がちがうので味も違います。RO水と天然水でも全く味等が違うので、それぞれの特徴をよく理解しておくのも良いでしょう。

銘柄で選ぶ

ウォーターサーバーのメーカ―は、自社の特色を出しアピールをしています。サーバーだけでなく、主要となる水はピュアウォーターはもとより、日本全国の名水を取り入れた天然水を飲めるようにしています。各社扱う天然水にも拘り、ある所では南アルプス、または富士山の水といったアピールをしています。

特に人気なのが、富士山の水です。天然水はミネラル成分が豊富ですが、富士山の水はプラスしてバナジウムが入っているため、人気があるお水です。

RO水と天然水

ウォーターサーバーは、天然水やRO水と呼ばれる人工的に成分を調整した水があります。

天然水は、もともと水質のきれいな場所から採水された体に良いミネラル成分などを含んだ地下水です。天然といってもろ過と加熱殺菌処理を行い、不純物が除去されています。

RO水は、微細な逆浸透膜でろ過処理を行った水です。ほぼ完全に不純物が取り除かれ純水に近く、子供にも安全に飲ませることが出来ます。ただ、純水のように無味無臭でおいしくないので、ミネラル成分を添加して味の調整を行って販売されているものが多いです。

どちらの水も安全性は全く問題ありません。天然成分のそのままの味を楽しむか、不純物なしを追求するかのどちらに重点を置くかで選べば良いと思います。

ナチュラルウォーター

ナチュラルウォーターは地下に流れる地下水を基本にしており、自然が作り上げたろ過装置ともいうべき地盤のフィルターが働くので、一昔前の井戸水の様なものと考えても間違いは無いでしょう。

日本の法律ではここで得られた水はミネラル分が含まれていて、この状態の水をウォーターサーバーの水として販売して良い事になっていますが、更に加熱する等の方法を適用して販売している業者もあります。

ペットボトルの水

ペットボトルの水と、ウォーターサーバーの水は、基本的に成分に大差はありません。ミネラルウォーターを家庭用サイズとして活用できるようにしたものが、ウォーターサーバーだと考えるといいでしょう。

ボトル入りの水との違いは、場所をあまり取らないことでしょう。特に大家族で飲む場合は、ペットボトルだと空容器の置き場所に困るはずです。狭い場所にも設置でき、空容器が出ないという点においてサーバーは優れています。