日本最大級のウォーターサーバー口コミサイト

導入前に知っておくべきウォーターサーバーの基礎知識とメリット・デメリット

ウォーターサーバーとは?

ウォーターサーバーとは、専用のボトル等に入れた水を設置し、コックをひねるだけで手軽に冷たい水やあたたかいお湯を欲しい分だけ使うことができる機器を指します。

業者と契約をし、月に数回、水が入ったタンクを宅配してもらうのが一般的ですが、タンクの中身の水も、リーズナブルな濾過水から、ミネラル分たっぷりの天然水まで、メーカーによってさまざまな種類から選択できるのが特徴です。

また、冷水、温水を楽しめることでは共通していますが、水の交換を上部で行なうものもあれば、最近はより簡単に交換できるよう足元で交換できるタイプもあります。

衛生的に使えることが大切ですので、水に不純物などが入らないよう工夫されているかもよく調べ、安心して使えるサーバーを選びましょう。

よく大型ショッピングセンター等に行くと、ウォーターサーバーの宣伝をしているのを目にする事があります。気にはなるけどその時は即日申し込む気はないので、それをじっくり見ることができないという人もいるでしょう。メーカーによって水質は様々で、硬水・軟水両方の取り扱いがあるので、誰でも利用できるものとなっています。

水の種類は各業者によって異なります。各地域で有名な天然水を使用している場合もあればRO水などを使用している場合もあります。味であったり作用であったりと特徴がありますので、あなたのお気に入りの水をセレクトすると良いと考えます。

ウォーターサーバーの設置がオフィスや公共施設だけでなく各家庭にも浸透してきています。新鮮な水を手軽に使えるという事で人気が上がっているのです。

なんでウォーターサーバーが人気なの?

生の命の源である水は、とても生活をする上でも大切なものでもあります。毎日飲むものですから、美味しいお水を飲みたいものでしょう。水道水も薬臭さが消えてきたものの、イマイチ美味しさがありません。

また、安全面を見ても、シャフトしてから飲むことをしないと、安心して飲めないという人もいるのです。安全性、美味しさ、便利さを求めるのであれば、お水はウォーターサーバーがお薦めです。

ウォーターサーバーの特徴と魅力

ウォーターサーバーの魅力は常に新鮮な水が手間を掛けることなく確保できるという事です。定期的に業者が水を取り替えてくれメンテナンスも実施してくれます。

また温水か冷水かも選べるます。温水を選べば毎回、お湯を沸かすという手間が省けますし、その光熱費も抑える事が出来ます。

外見もオシャレなものもありますのでインテリアとしても人気があるのです。是非、ウォーターサーバーの設置を検討してみては如何でしょうか。

お好みの設定温度

水もお湯も両方使えるということになれば、アツアツのお湯や冷たい水だけでなく、常温で飲みたい、あるいはぬるま湯で飲みたいといった希望をすぐに叶えることができます。

コップに水を入れ、そこにお湯を入れれば、あっという間に好みの温度に変えることができるのです。温度設定はまさに自分次第、こんなに瞬間的に希望の温度のお湯を手に入れるという方法は、これまでなかったのではないでしょうか。
まさに、これが冷温のどちらも備えたウォーターサーバーの真骨頂です。

冷温をクリア

もともと登場した時には冷たいお水だけが出る機種が多かったのですが、人間というのは欲張りなものですから、冷たいお水が美味しく飲めるようになると、今度はおいしいお湯も欲しいと思ってしまうものです。

美味しいお湯があれば、コーヒーや紅茶、緑茶といったティータイムに活躍してくれますし、外国の健康法にある白湯を飲むという習慣がダイエットや美肌作りにいいとして、日本でも注目を集めています。そんな健康法にも便利に使えるのが、お湯も出るウォーターサーバーです。

安全な水

ご自宅で使う水は何を使っているでしょうか?今までは大半のご家庭で水道水を使っていたと思います。日本では世界的に見ても水道水は安全で気にせずに使えます。

しかし、乳児や子供のいるご家庭などなるべくきれいな水を使いたい、もしくは普段の水から天然水を使いたいなどの希望があればウォーターサーバーを設置するといいでしょう。

ウォーターサーバーは水道水よりも安全でさらにおいしい水をすぐに使うことが出来、さらに設置の手間や使うときの手間はほとんどかからないのでとても重宝すると思います。

お試し期間なども活用しよう

ウォーターサーバーのサービスの中には、お試し期間を設けてくれている所もあります。無料で利用できたりするのでおすすめです。実際にサービス利用をして、買い物の負担などについても実際に体験して利用がしやすいかどうかを確かめることができます。

ウォーターサーバーのデメリット

デメリットを押さえ、効果的な導入をしましょう。多くの利点があるウォーターサーバーですが、設置場所の確保が必要なことや定期的なメンテナンスが必要というデメリットが存在します。

しかし、最近では小型のものや、メンテナンス費用が無料というレンタルサーバーも存在しますので、こういったデメリットは解消しつつあるといえます。自分の生活に合ったサーバーを選択し、導入していくのがよいでしょう。

ウォーターサーバー ランキング